「求人」取扱説明書

従業員がたくさんの法律に守られているのに対し、経営者や会社を守ってくれるものが、就業規則や雇用契約書となります。

初めて人を採用するとき、ハローワークや人材募集会社に求人票を出しますが、その際には、給与、労働時間などはおおよそ決まっています。

 

その求人によって採用が決まれば、雇用契約書を交わし、就業規則の作成に入るという流れになるのが一般的です。すると、雇用契約書に書かれていることと、就業規則の内容が一致しないという場合が出てくるという事態もあるようです。

雇用契約書を交わすときは、採用を急ぐあまり、雇用契約書はきちんと明記されていない場合が多くなり、ある程度落ち着いたころで作成した就業規則と一致しないということが起こってしまうわけです。

雇用契約書と就業規則の不一致を従業員に指摘されるケースもあるようですが、経営者にとっては気を付けなければならないのは、雇用契約書に記載されている内容が、就業規則で定める基準以下であった場合、法律的には就業規則が優先されるということです。