Uncategorized

求人広告には出すべき旬の時期がある?!

経験の長いベテランの営業担当ならよく知っていることであるが、一年中いつでも同じ広告効果が得られるわけではない。食材に旬があるように、求人広告にも出すべきベストタイミングがある。優れた人材を数多く集めるには、ベストタイミングな広告を出せばよい。しかし、求人広告を出すべきタイミングは、かなり複雑である。長年の経験と勘によって判断せざるを得ない部分も実に大きいのである。なぜなら、募集職種をはじめ、求める人材の性別や年齢、職業経験の有無によって、対象者の動きが異なるからなのである。

ベテランの営業担当ならではの仕事の進め方を参考に例をあげると、6月に、ある店舗が将来の店長候補となる人材を募集したい。という案件があったとする。実績が欲しい営業担当なら、今すぐ広告を出そう。というところだが、ベテラン営業担当は、まず対象店舗に対し、どのような商品を扱っているのか、社員やアルバイトの人員構成はどうか、現在の店長の継続勤務年数や年齢は、などのヒアリングをする。それらを確認したうえで、欲しい人材の年齢や業界経験、転職回数の有無、などを多角的に考慮し、総合的に勘案したうえで、9月頃の募集広告を提案することになるだろう。現場では一刻も早く新しい人を欲しがっているにもかかわらず、3カ月の後の募集を提案する理由とはなにか。ベテラン営業担当は、応募してくる店長候補の人物像をイメージする。さらに、社会人としてのキャリアが10年ある経験者の場合、その間に数回転職した人よりも、ひとつの会社で努力し、実力を蓄積した人が欲しいとする。ひとつの会社での勤続年数が長い人なら、毎年のボーナスはそれなりの金額が支給されるだろう。7月は通常の月給プラス夏のボーナスで、まとまった収入時期となる。現在勤めている会社を退社するならこの後になるだろう。こうしたことから、急いで募集をかけるよりも、9月頃に募集した方が、いい人材が集まる傾向が高いと考えられる。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です