Uncategorized

人材募集で気を付けるべき3つの重要ポイント

まず一つめは、必要とする人材のターゲット像を明確にする。ということである。これは、人材募集の目的に合わせて、年齢、性別、人間性のどんな面を重要視するのか、どのようなスキルや経験、知識を持っているのか、というように採用すべき人物像を明確にする必要があるからである。また企業の経営方針や経営戦略は、ときに変化しながらも日々成長させるため、一度決めた人物像の再検討や、前回の採用実績の検証といった見直し作業も重要である。

二つめは、必要とする人材に届く手法を選定する、数多くの求人媒体があるが、新卒採用や中途採用、正社員とアルバイトといった雇用形態、営業職や管理職といった職種、IT産業や医療・看護業界、飲食業といった業種など、それぞれに得意としている強みがある。

これらの求人媒体を選定する最も重要なポイントが、採用ターゲットに、その求人媒体でどのくらいアプローチできるのか、という点になる。様々な求人媒体の特性を把握し、自社の採用ターゲットに応じて使い分ける必要がある。有名だから、大手だから、安いから、無料だから、という理由が先に来ることはあってはならない。

三つめは、必要とする人材に届く情報の提供を、必要とする人材像が明確となり、そのような人材にアプローチできる求人媒体を、選定することができても、実際の求人情報が、求職者の求めるものとマッチしなければ、応募には至らない。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です