Uncategorized

求める人材の条件をハッキリさせる

自分たちの企業にとって必要な人材について考えていきましょう。
勿論、優れた人材が来てくれるに越したことはないですから、色々な条件を付けたくなる気持ちは分かります。しかしながら、条件が多すぎる、厳しすぎると該当する人材がそもそもほとんどいないということになってしまいますし、仮にいたとして、その人が他の企業と自分たちの企業を比較して選んでくれるかどうかという問題が生じます。では、条件を殆どなくしてみたらどうなるでしょう。そうすると、勤務意欲が低い、与えた仕事に対して明らかに能力が足りていない、もしくは能力があるのにこの会社では活かせない、などの問題が生じることは明らかです。
  求める人材条件というのは少なすぎても多すぎてもいけません。覚えておいて頂きたいのは、自分たちの企業で働くためには絶対にこの条件がなくてはいけない、逆に言うと、このくらいの条件を満たしていれば問題なく仕事が出来るという条件を設定する必須的条件と、それに加えて、この条件を満たしているならより企業にとってありがたい、より良い成果を残してくれるはずだという条件である希望的条件を分けてみて、その内容についてしっかりと考えて決定することが大切だということです。
こうした条件付けをハッキリさせていくと具体的にどのような人材が企業に必要なのか、ということが浮かび上がってくると思います。そうすると、その人材を求人するためにはどのような方法を利用すれば最適なのかということが、これまでの説明から分かってくるはずです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です