Uncategorized

求人要項をしっかり考える

自分たちの企業に来て欲しい人材の条件を考え、そしてその人材が最も見てくれるだろう求人の方法を選定した後に行うことは、見てくれた人にこの企業は良さそうだ、就職したいと思わせるような文章を考えることです。
  人材の条件付けの話と似ていますが、ここでも条件を厳しくしてしまうと、見てくれた人たちが自分にはこの企業は向いていないと感じてしまいますし、緩くしすぎると意欲の低い人材が混ざってしまうということもあります。そのため、ちょうどいい具合に条件を整える必要があるのですが、これは欲する人材像を考える際にある程度形になっているはずなので恐らく大丈夫だと思います。
また、文章を作る際に端折らないということも非常に重要な点です。例えば、「PCが出来る人」という条件の文章を載せるとします。この文だけだと、どの程度PCが出来るかということが端折られています。これによって、企業側はプログラムを組むことが出来る人材を求めているつもりだったのに、就職希望者側はレポートやスライドを作る程度の能力があれば良いと解釈してしまう、というケースが生じる可能性があります。そのため、なるべく具体的な文章にすることを心掛けましょう。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です