Uncategorized

中途採用の求人広告について

 採用担当者や求人広告業の社員は、広告のノウハウを相当積み上げているはずです。しかしその集大成が書籍に纏められるようなことはほとんどありません。その理由として考えられるのは、採用担当者も経験を積めば、自然と管理職に異動するから、というものです。部下の指導に忙しくて、ノウハウを纏めることに時間を割けないのです。そこでここでは、その掟破りとして、求人広告のノウハウをご説明することにします。

 中途採用の求人広告には定番の手法があります。それは、公募、斡旋、その他の3つです。さらにそれらを下位分類すると、全部で9つの手法に分けることが出来ます。それぞれに訴えかけやすい年齢層が存在し、また、メリットとデメリットがあります。ですから採用担当者はターゲットを絞った上で、どの手法が最適か考え、選定する必要があります。まず大分類の3つのうち、公募について見ていくことにします。公募は最も一般的な方法であり、媒体によって特徴が大きく異なります。その媒体とは、インターネット、求人情報誌、新聞広告、折込みチラシ、その他です。インターネットを用いた公募は現在のメインストリームです。求人サイトは山のように存在し、多様を極めています。一般ユーザーが大手として思い浮かべるサイトに絞っても3社以上あります。常に数千社の広告が掲載されているため、求職者はタイミングを見計らう必要がありません。ターゲットとする年齢層は20代から50代まで幅広く、簡単な募集内容と数点の写真とで構成されている広告がほとんどです。インターネットによる公募求人のメリットは、潜在的な閲覧者数が無限であることでしょう。インターネットを利用する全てのユーザーに開かれているため、応募者の時間や場所を制限することがありません。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です