Uncategorized

インターネット上の求人広告の限界

 インターネット上で求人広告を出すのが主流となっていますが、ネックとなるのは閲覧機会が検索結果としての表示に限られる点です。つまり閲覧者の検索でヒットしない限り、広告は誰の目にも入らないことになります。これが災いして応募者が集まらないという企業もあるでしょう。そのような場合、アナログの世界で勝負するのも選択肢です。例えば、どのような業界であっても、その業界に縁のある専門誌が存在しますから、これを利用しない手はありません。ネット広告を出すのだとしても、事前に専門誌にも同様の広告を出してみるのです。そうすると、たまたま専門誌に目を通した求職者が、会社の存在を知るばかりか、その会社の業界内での評価、立ち位置等を詳しく覚えることとなります。この求職者が若い世代であれば、今度はインターネットでその企業について調べ始めるでしょう。その頃を見計らって、インターネットに求人広告を出せばよいのです。そうすると、タイミングよく広告を見つけてもらえるため、応募者が増えることに繋がります。しかもこうした経緯で応募してくれた人は、専門誌を読んでいるという素性が保証されているため、企業としても優秀な人材であることを期待できるのです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です