Uncategorized

求人サイトの実際

 今や転職のための道具として筆頭に挙げられるのは、インターネットです。特に大手2社の求人サイトは窓口となっており、それらを通じて多数の応募を一括処理することが出来ます。転職先の企業も、採用活動は専ら求人サイトに頼っているのが実情で、昔に比べて業務効率は遥に向上しました。求人サイトの利用方法は簡単で、初めて利用する際に個人情報を入力すれば、後は自動転記してくれるため、労力を消費せずに済みます。求人サイトは各種作業の効率化を提供することで、応募者と企業とを結びつける重要な役目を担っているのです。

 求人サイトには多くの求人広告が掲載されています。内訳としては、公開求人と呼ばれるものが大半を占めており、残りは非公開求人です。字義通りに解釈すれば良く、公開求人は誰でも閲覧することが出来ます。一方、非公開求人は利用登録を前提としています。非公開求人は中途採用向けのページに掲載されることが多いため、転職希望者は真っ先に登録作業を済ませる必要があります。中途採用の求人広告が非公開とされるのには理由があります。中途採用はその多くが応募者の高いスキル、専門の職歴、資格等を要求するものです。ですから必然的に応募できる人は限られるのですが、公開してしまうと、何故か条件に満たない人まで殺到してしまうのです。そのため、応募者数を低減できるように非公開としているのです。また、同業他社に知られないようにすることも理由の一つです。

 ところで求人サイトではなく、ハローワークを利用して転職を試みるのはどうなのでしょうか。高齢者であればそれも選択肢でしょうが、若者がインターネットを利用せずに勝負するのはお勧めできません。インターネットを利用すると、求人広告以外にも役立つ情報が目に入ってきます。例えば、求人サイトは業界に関する各種統計データを掲載しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です