Uncategorized

ブラックな職場を見極める

労働者の同意があったとしても、時間外や休日に働き、賃金が払われないという事は、サービス残業となり、労働基準法に違反する行為として罰則の適用があります。ここでの注意点は、従業員が自主的に残業を行っているので、合意のある残業として、賃金を払う必要がないと考える雇用主がいるという現実です。サービス残業を行うという事は、雇用主側からみれば、限度無しに働かせるという事であり、労働者からしてみれば、限度無しに働くという事です。 「働き方改革」が社会を賑わせているお陰なのか、最近、それ以前に社会問題とされていた「サービス残業」の影が薄くなってきているように感じます。サービス残業は、労働基準行政では、「賃金不払残業」と呼ばれ、労働基準法に違反する意を示しています。サービス残業はいけない事なのだと知り得ながらも、多くの企業では長年渡り、当たり前のように行われてきた事実があります。マスコミなどで、取り上げられてきた事例は、氷山の一角だと言う人も少なくありません。長時間労働や過重労働による、過労死や過労自殺などが、一時期、世間を騒がせていましたが、行き過ぎた激しい企業間競争が、このような重大な問題を生み出していると言われています。働き方改革によって、このような重大な問題の解決が求められてはいますが、働き方改革は抜本的に言えば、労働者不足対策と言われているので、サービス残業自体を撲滅させる効力としては、直結するのであろうか、今後影響力に期待されます。サービス残業は、厳しい企業間競争により、人件費削減を強いられる企業サイド側の問題点が指摘されます。本来ならば、サービス残業を撲滅させる為には、業務量の削減対策や、業務の効率化を計る対策を練らなければならない企業側の姿勢が、甘えとしてサービス残業を生み出しているのではないかという考え方です。そういった企業側のあるまじき姿勢は、労働基準法違反を誘発し、全く罪の意識のない経営者を生み出していると考えられています。このような問題は、事業主、労働組合、管理職者、労働者が、一丸となって取り組まなくては、解決が見込まれない事柄としての認識が必要です。就職活動をする学生などが、最近ではブラック企業というワードに敏感であるといったニュースをみかけますが、再就職や転職を試みる人たちにも、是非、職探しにおいて気を配って欲しい点ではあります。求人などの広告では、なかなかそういった、企業のブラックなダークサイドな一面は見抜く事は難しいという現状があります。その打開策として、OG、OBなど、先に就職をした先輩方の声を聞くのも1つの方法です。サービス残業は、違法な行為です。そういった働く事への正しい知識をもつ事が、まずは、ブラックな職場選びを避ける一番の手段です。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です