Uncategorized

ワークバランスとは

皆さんは、日本の労働生産性が世界における先進国の中では、トップクラスにいない事をご存知ですか?その主な原因は、サービス残業に代表されるような、長時間労働が労働者、事業者間において、当然のごとく状態化していた事実に基づくという見解がなされています。サービス残業は、日本における企業風土などとも呼ばれ、その実態は、労働生産性の効率化を無視したような長時間労働がベースとなっています。業務において、長時間ダラダラと残業をして成果を出す事と、短時間で効率よく作業を行い成果を出すのとでは、どちらが望ましいのだろうかという働き方への疑問符が、事業主と労働者へ向けられています。短時間労働で得た、余暇を楽しむ時間により、労働者の私的生活が潤い、働く事へのモチベーション向上を期待した働きがワークバランスだと言われていますが、この社会的背景には、社会全体の少子化問題、高齢化問題、労働者不足があります。

●少子化問題

●高齢化問題

●労働者不足

各問題を解決する為には、それぞれ国をあげての対策が練られています。皆さんも、長時間労働を強要するよう企業に籍を置くよりは、企業側が、出産、育児、介護などの支援を行うようなバックアップ体制の整った転職先を紹介されたとしたら、今すぐにも飛びつくような人も出てくるのではないでしょうか?企業側も生産性を向上させる為に、優秀な人材確保に社内のワークバランス対策を開始し、求人広告などでもアピールするような企業戦略もみられるようになりました。労働者の数で勝負していた企業戦略に、生産性の質が問われるような時代に突入したのです。アンテナを張り巡らせている労働者は、すでに自分を高く評価してくれるような企業への転職を試みているはずです。特に、女性社員に対する職場環境整備に関しては、急ピッチな対応を国側も事業主側も強いられています。将来の労働者不足の解消に、女性の社会進出は必要不可欠です。少子化問題には、女性の出産や育児期間の仕事との両立を、企業側がどの程度まで支援できるかが大きく関与してくるはずです。新時代には、戦後の高度成長期を支えてきた、団塊世代とは違う働き方が求められています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です