Uncategorized

求人広告は具体的に、明確に、簡潔に

求人広告は具体的に書くことを心掛けましょう。例えばWEBデザイナーを募集するとします。単に「WEBデザイナー募集」と銘打つよりは、「ショッピングサイトを作成できるWEBデザイナー」と具体化した方が、求職者の目を惹き付けることが出来ます。具体的であればあるほど、当然ながら雇用のミスマッチを防ぐことができますし、求職者に安心感を抱かせることにもなります。求職者の立場で考えて下さい。抽象的で曖昧な文句ばかりが並んでいる求人広告を見て、何を思うでしょうか。採用可能性を探ることが難しく、また自分がその会社の求める人材像に合っているのかどうか判断できません。具体的に書く方がお互いに損をしないことがお分かりいただけるでしょう。ただ注意したいのは、具体的に書くことと、冗長であるのとは、異なるという点です。実際の広告でよく見られるのは、「~も任せます」を繰り返したものですが、それでは焦点が定まっておらず、業務内容の主軸が判然としません。ただ長々と書けばよいのではないと心得て下さい。求人広告の基本は以上のような点を留意するだけで実践できるでしょうが、本当に勝負するためには、競合他社との差別化を図る必要があります。いわゆるキャッチコピーという形でアピールするのが一般的で、「育児を応援」「昇給あり」「イベント多数」「未経験歓迎」等は典型例です。あまり沢山のアピールポイントを詰め込もうとせず、数個に纏めるようにしましょう。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です