Uncategorized

中途採用の現状

中途採用と言えば、昔は中小企業の採用スタイルでした。しかし今では多くの大企業も積極的に中途採用に乗り出しています。その結果、中途採用を斡旋する企業も増えており、規制緩和も相俟って、ネット上には人材紹介業のサイトが溢れています。求職者もそれらを利用するのが当たり前の状況で、今後の雇用慣行がどうなるのかが注目されています。ところで中途採用が増えているということは、求職者の数は減っているのでしょうか。結論から言えば少しも減っていません。求職者は毎日数万人発生しています。この絡繰りは非常に単純です。中途採用は経歴やスキルしか見ずに採用してしまう傾向があるため、転職した人はすぐに辞めてしまうのです。苦労して採用した社員にすぐに退職されてしまった企業は、再び中途採用を実施しますが、新たに採用した社員もまた退職してしまいます。つまり採用と退職の悪循環が労働市場に生じているわけです。

 経歴もスキルも持っている社員が中途採用後にすぐ辞めてしまうのは、様々な理由が考えられます。一つは、社員教育を怠っているからでしょう。「即戦力」だからと、経営者も同僚も頼り切ってしまい、育てなければいけないという責任感が欠落しているのです。どんなに優秀な人材であっても、中途採用である以上、新しい環境でいきなり実力を発揮できることはありません。新卒と同様に教育を施さなければ大成しないものなのです。

 会社が中途採用した社員に教育を施せば、その社員は「大事にしてもらっている」と感じるようになります。すると、前職で培ったスキルや知識を使って、新しい職場に貢献しようとしてくれます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です